>
モノーキ

可動範囲研究所「MGドム編」



当研究所では、ガンプラの可動範囲アップに関する研究を専門に行っている。
できるだけ簡単でお手軽な改造ですむように工夫している。
目立たないところを中心に加工を行うので、
「失敗しても失敗が目立たない。」
という利点があるので、難易度は比較的低い…はず


左:改造後、右:改造前。プロポーションに変化は見られない


左:改造後、右:改造前。どっしりとしたホバー走行が可能になっている

「お腹編」:難易度「易」

「下半身編」:難易度「普通」

「腕編」:難易度「普通」


といってもこの企画、一回限りの打ち切りになりそう。
最近のMGは可動範囲が何もせずとも広いし、古いものだと簡単な改造では可動範囲が広がらないため、アイテムチョイスが難しい。



モノーキ
SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO