モノーキ

RGM-79GP ジムゴップ提督用

(ジオン独立戦争記編)

完全オラ設定なので注意

ジャブローの防衛を主な任務とするゴップ提督は
レビル将軍から乗機としてGMを与えられた。
しかし、MS操縦技術などないに等しいゴップ提督にとって、
戦闘、それはすなわち死を意味していた。
乗機の交換を提案しようにも、V作戦を成功させ連邦の勢力を拡大させ力をつけたレビル将軍に、
ゴップ提督のごり押しを通すことはできなかった。
そのため、自分の命を守るため、レビル将軍に最大限まで乗機の装甲強化を提言し、
実現したのがこの機体である。

GMのシールドを両腕、背中と三枚装備
腰にガンダム量産計画を食い止めた際あまったシールドを装備。
逃げ腰に入れば確実にコクピットを守ることが可能。
逃げ腰に入ったこのGMを倒すには手足を打ち抜くしかなく、
行動不能に陥っても、パイロットの生存確率だけはガンダムを超える機体となった。
しかし、当然推力は極限まで下がってしまっている。

なお、この機体を整備した整備兵が冗談で
「宇宙空間で運用したらどうなるか?」を、シミュレーションし、
その結果腰につけられたシールドがAMBACシステムの役に立つことが判明。
このデータが、のちのアナハイム社が開発する試作ガンダム3号機に生かされたのは皮肉なことである。



 戻る

モノーキ
SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO