>
モノーキ

SDガンダムヤヤカドーSTAGE:49

MSZ-009M メガゼータ



単行本「機動戦士Vガンダム外伝」内に併録されている
「機動戦士VS伝説巨神逆襲のギガンティス」に出てくるMS



アムロ・レイとジュドーが搭乗し、シャアの乗るザクIII改・改「スザク」とともに、伝説巨神に立ち向かうというもの。
このMSに関する詳細なスペックや、文章設定は存在していない。
FC改造しま専科のNT専用コンペ用に製作。
劇中で「サイコミュハンド」という、ロケットパンチをサイコミュで扱う武装が登場していることから、ニュータイプ用に開発された兵器というのはあきらかである。

↓サイコミュハンド発射ポーズも再現


wikipediaZZガンダムの項目より
メガゼータはプロトタイプΖΖガンダムを改修して建造された可変モビルスーツである。フォルムはΖΖガンダムによく似ており、武装や変形方法もΖΖガンダムに準拠している。劇中のアムロ・レイの台詞によれば出力はΖΖの2倍とされる。

プロトタイプΖΖガンダムをベースとしているため、2機のメカ(Aメカ:Gソニック、Bメカ:Gアタッカー)による変形合体を行なう。Gソニックにはアムロ・レイ、Gアタッカーにはジュドー・アーシタが搭乗し、合体後も二人で操縦する。ΖΖガンダムの弱点であったビームライフルへのパイロットの搭乗は解消されているものの、下半身にあたるGアタッカーの出力偏重は解消されていない。またΖΖガンダムでいうGフォートレスにあたる巡行形態の名称は不明。

↓劇中に出てくる、落ちてたビームライフル+ドガッシャハンマーを装備した状態


当初、漫画以外に資料がまったくなかったので、下記ページのメガゼータの作例を参考に製作。
ZZを中心に、腕や足をファーストガンダムから移植しています。
http://www.geocities.jp/mountainunder00/gallery/mz/mz.html

その後、ホビージャパン別冊のガンダムウェポンズで、作例資料を手に入れ、塗装などはそちらを参考に製作しています。

製作詳細
可動範囲は、肩と頭のみ。
肩はサイコミュハンド状態を再現するために、ボールジョイントの二重関節にしてあります。
基本パーツは、ZZとファーストガンダム
全体的な基本はZZだが、下腕、足などは、ファーストガンダムを使用。
写真を取り忘れが、足の裏までモールドされている足を使ったため、足の裏までしっかりあります。
武器は、メインのビームライフルは、ZZのバックパックのビームサーベルを砲身にジャンクパーツで。
拾ったビームライフルはガンダムMk−IIのものを改造。
ドガッシャハンマーは、百円均一のアクセサリ用のチェーンと、ジャンクの丸い玉に、ガンダムハンマーの角をつけて製作。









モノーキ
SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO