>
モノーキ

SDガンダムヤヤカドーSTAGE:59

ガンダム FLEX




「ついに我が元へ来たか。ガンダム…」
グラハムはついにガンダムを撃破することに成功。
カタギリの力を借り、使用可能なパーツをフラッグに流用し、新たなガンダムを作り出した。
パラレルワールドの機体です。

名前のFLEXは、フラッグとエクシアの頭2文字をとったもの。



白いパーツは、ほとんどエクシア。
黒いパーツは、フラッグがベースになっています。
名前のFLEXは、FLAG と EXIA の頭2文字をくっつけたもの。


「ガンダムの力を得た私にもはや敵はいない。」

配色は凝っているのか、凝っていないのか。
エクシアと、フラッグの元になったパーツの色そのまんまです。
エクシアの赤と青を、一部フラッグカラーに差し替えたくらい。
仮組時の白と黒のツートンカラーのガンダムが面白かったので。
あと、エクシアの目は、フラッグのカメラの色にしてます。



ちなみに本当は自立しません。
設置性がわるく、バックパックの重みで倒れます。
後ろに余剰パーツをカマして、立たせています。
余剰パーツありの差し替えながら、変形も再現。
というわけで、以下変形



シールドは接続部パーツを追加してます。
また、GNソードはシールド部を肩パーツに変更し、飛行形態時のデザインに影響しないようにしてます。



で、二つを合体すると上のようになります。
これだけでも一つの武器になりそう。




外からは分かりづらいですが、首がへっこむ部分に首ジョイント用パーツがあります。



これを取り外すと、頭部が中に入ります。
このパーツが余剰パーツになります。



フラッグの変形は足がバックパックよりも後ろに行ってしまいます。
SDの場合、かなり工夫を凝らさないと、パーツの余剰なしの変形すら困難です。
ここは割り切ってしまって、変形時用の足接続パーツを用意しました。




こんな感じで接続します。
足の剣は回転して尾翼になるようになっています。
(似たようなギミックはフラッグにもあり)



胴体の接続部に穴を二つ開けておいて、



差し込む位置を変更することにより、腰の前後移動が再現できます。



変形各パーツを差し込んで完了!
元のフラッグは顔を隠すパーツがあるのに気が付かず、顔がかなり見える変形になってしまいました。
それが心残り。
というわけで、コンペ投稿後、さらに頭が引っ込むように削り込みを行いました。
↓写真。



だいぶ頭が引っ込んで、すっきりしたかとおもいます。



後ろ姿


モノーキ
SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO